長年のハードコンタクトレンズの使用は目の酸素が減って危険

 

元々強度近視のため物を見るときに目に力を込めてしまう癖がついてしまっていていて、とても目が疲れそれに伴い肩こり・頭痛・三叉神経痛などの他の症状も起こって来てとても辛いです。それから長年にわたってハードコンタクトレンズを使用していましたが、ほぼ起きている間一日中コンタクトをはめっぱなしにしていたので眼の酸素を通す細胞の数がとても減ってしまったとかでハードコンタクトレンズの使用を医師より禁止されてしまい現在は必要な時だけ一日数時間使い捨てのソフトコンタクトレンズを使用できるだけになってしまったので普段は眼鏡で過ごさねばならず、女性としては普段からおしゃれをしていたいのにやはり眼鏡では合わないものもあったりするのでおしゃれ幅が狭まってしまったことがかなしいです。そして毎年この時期には花粉症で悩まされます。眼がゴロゴロして取り外して洗いたくなるほどかゆくてかゆくて仕方なく真っ赤になってしまいます。

『眼精疲労』には温タオルや点眼薬で対処すると良い

 

"眼精疲労のトラブル対策は水滴が落ちないくらいに絞ったタオルをレンジで一分ほどチンして温め、熱すぎない程度にした温タオルを目の上に乗せてしばらく置くととても気持ちよく目の緊張も取れる感じがしますしそのあととてもすっきりします。同効果の製品も出ていますが、タオルとレンジがあればお金もかからず簡単に何度でもできてお手軽です。タオルは直接レンジに置かずラップで軽く巻いたりジップロックのような袋に入れて温めるようにすると衛生的に目に安心です。それから眼球の周りのツボを押すのも疲れ眼に効果的です。眼球自体は絶対に押さないように、それからあまり力を入れすぎずに親指と人差し指のはらで眼球をかこっている骨の淵回りにそって少しずつ場所を動かしながら5秒くらいずつ押していきます。それを3〜5回くらいやるととてもすっきりして疲れが取れます。絶対に力を入れすぎないように。花粉症に関してはゴロゴロしているときは涙と同成分の点眼液で洗い流します。かゆい時には眼科で処方されたアレルギー対応の点眼薬をさします。
"