急に進行する老眼のコンタクトレンズもメガネも合わない悩み

 

数年前から少しづつ眼が悪くなっているように感じていたが、スマホやタブレットなどを使用するようになってからここ1,2年くらいで急速に眼が悪くなった。今まで問題なく使用していたコンタクトも眼鏡も度が合わなくなり、特に右目の視力がいちじるしく低下している。2メールくらいの距離で見ているテレビの番組表の文字がぼんやりとしか見えず、近づかないと読めなくなっていることに気付いてから急激な視力低下を自覚した。更にコンタクトをしている時も眼鏡をかけている時も以前だったら見えていた手元の小さな文字や細かい模様などにピントが合わず、非常に見えにくい状態になり、明らかに老眼と思われる症状が出始めている。コンタクト、眼鏡を外すと以前にも増して全てがぼんやりとしか見えていない状態で、視力矯正しないと日常生活を送ることすらままならない。もしも何かあったらとっさの行動に支障が出かねないことに不安を感じるし、見えない、読めない、という不便さを日常的に感じている。

視力低下や老眼などに効果の高いいろいろな対処法

 

視力の低下で即効性のある解決方法は専門の医者に診てもらい、診断してもらう以外にはないと思うので、まずは眼科に行き正確な視力を計ってもらう。コンタクト、眼鏡、ともに現在の視力に合った度数に新しく作り変えてもらう。昔から言われているように、遠くを見て眼を休める、暗いところでは文字を読まない、視界を回転させるようにして眼球を動かす、遠くと近くを交互に見る、といった眼に関する民間療法のようなことを地道に日常生活で実践して、これ以上眼が悪くならないように心掛ける努力も必要だと思う。老眼については眼鏡だけでなく、老眼専用の遠近両用コンタクトレンズも発売されていると聞いたことがあるのでそれが利用出来れば効果的な改善に繋がると考えている。老眼は年齢からくるもので仕方がないと諦める前に、新しく開発された視力矯正具があれば使いたいと思う。そのためにも視力矯正に積極的に取り組んでいる研究熱心な眼科医を探して受診することも重要だと思う。