乱視用コンタクトレンズを長時間使用したときのトラブルなど

 

"乱視入りの近眼の為日常的にコンタクトレンズを使用しています。
左右で度は合わせているのですが、乱視の度数は違います。
仕事の都合などで長時間コンタクトレンズを装着しているからか、時間が経つにつれて乾燥してレンズの方向がずれて視界が歪んでしまいます。
ワンデーレンズの為、長時間装着しているものを一度外してしまえば再び使用するのは余り好まれるものではありませんが仕事の途中で席を外す訳にもいかない場合もあり方向だけなおして再装着ということをしていたせいかドライアイ気味になってしまいコンタクトレンズを使用している間(特に長時間装着しなければならない場合)は特にそれを感じるようになりました。
最近では花粉症も相まって目がしぱしぱしてしまい、目が痛くなったりかゆみも出てきてしまうのが辛く感じます。
長時間コンタクトレンズを装着していた日は、コンタクトレンズそのものが乾燥してしまっていることも多く、外す時も眼球に張り付いて取りづらくなってしまう事もしばしばあります。
"

パソコンから目を守るためにはブルーライト遮断フィルムや点眼薬を使う

 

"パソコン作業が多い場合はブルーライト遮断用のフィルタや眼鏡を使用するようにしています。
また近くや画面ばかりを見ていると頭痛の原因にもなる為、ある程度区切りがついた時には遠くを見たり、コンタクトレンズがずれてしまったりするのはコンタクトを装着する前に装着液を使用することでゴロゴロ感が少しでも緩和出来るようにしています。
最近は目を酷使しないようにディスプレイを見る時間を短時間のスパンで区切るようにし、眼鏡を使用する時間を増やす事でコンタクトレンズの装着時間を減らすようにして眼科で処方される人口涙液の目薬を使用して極端に乾燥するのを防止するように心掛けています。
花粉症で特に目が痒くなるので室内に花粉を入れないように出来るだけ付着しづらい素材の洋服を選んだり、私用での外出の時は出来るだけ眼鏡を使用したりサングラスをしたりして直接触れることが少ないように対策をしています。
最近では目に良いというブルーベリー類の物を採るようにしています。

 

"